スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
家に帰れるのか、避難区域再編へ
福島第一原発の避難区域。地元の藤沢市にも100人を超える人々が避難生活が暮らしています。知り合いになった方々の本音を聞くと「帰りたいけど現実的には難しいと思っている」との声が多くのあります。

避難区域のうち南相馬市、田村市、川内村の3つの自治体を先行して再編することとなりました。再編は〜甦の帰還を目指す「避難指示解除準備区域」(年間換算の放射線量20瀬掘璽戰襯醗焚次豊帰還まで数年かかる「居住制限区域」(20~50瀬掘璽戰襯函豊5年以上帰宅できない「帰還困難区域」(50瀬掘璽戰襯板供砲隆霆爐膿覆瓩蕕譴泙后

現在帰還が制限されている街(富岡町)などでは、家畜が街を闊歩し、ダチョウに追い回された一時帰宅者もいるほどです。農地なども荒れ放題で津波による塩害も広がっています。今後、警戒区域と計画的避難区域で再編が進められていきますが、避難住民にとっても各自治体も厳しい選択が迫られていきます。簡単に住民の意思が統一できる問題ではありませんが、延々と方針が決まらないことは、更なる困難も引き起こすことになります。避難区域の問題ではなく、日本全体の問題として取り組んでいきたいと思います。

地元藤沢市でも津波被害の想定が見直され、10.7mとなりました。


| 星野つよし | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:03 | - | - |
Comment








Trackback

自民党ブログパーツ

    

ホシノテレビ on Facebook

ホシノテレビ

Facebookページも宣伝

Search

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Entry

Comment

Sponsored Links

Profile

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode