スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
ブログ【焦点は消費増税へのスタンス】
  波乱の年、焦点は消費増税へのスタンス

今年の焦点はズバリ消費増税へのスタンスであると思います。

中期的な課題として消費増税の10%は避けて通れません。働く世代にだけ負担をしいることはこれ以上無理ですし、家計消費、子育てなどに過度のしわ寄せが行き、GDPの●●を占める個人消費を縮小させるだけです。大いに消費するか、必要最小限の消費にとどめるかは別としても、生活する限りにおいては消費しなければなりません。全世代共通の経済活動です。裕福な世帯も年金世帯もましてや生活保護世帯も消費します。消費するものやその水準はまさに自己決定です。

問題の本質はあくまでも消費増税は社会保障制度を持続可能性のあるものにするための「手段」で有り、消費増税すれば全てがバラ色になるといった幻想を抱かせてはなりません。消費増税自体が目的になっているような財務省主導、官僚主導の発想では多くの国民のご理解をいただくことはできません。バラマキを続けた上での消費増税は何パーセントになるのか、歯止めが効かず恐ろしさを感じます。消費増税なんてものはできるだけ低い方がいいに決まってます。

自民党は先の参議院選挙において消費増税10%を掲げた元祖です。菅元首相が直前でパクリ迷走しましたが…

国民経済は言うまでもなく生き物です。日本経済の停滞の元凶は間違いなく「デフレーション」です。長引くデフレを放置したまま、闇雲に消費増税をすれば、デフレを加速化させる最悪の政策です。まず政府と日銀はデフレ脱却に全ての政策を果断に集中させることが焦眉の急です。

さらに、国民に消費増税をお願いする前にやらなければならない最低限のステップがあります。三つです。?民主党の進めるバラマキに次ぐバラマキ政策、具体的には子ども手当、高校無償化、農家への戸別補償制度などです。バケツの穴を塞がなくて消費増税しても意味ありません。?国会議員の定数削減?国家公務員の人件費削減です。議員や公務員が自ら血を流すことなく、お金が足りないからみなさんに消費増税をお願いするのであれば、誰でもでいます。こんな手法で消費増税を続ければすぐに20%まで跳ね上がります。
 
 
| 星野つよし | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 01:47 | - | - |
Comment








Trackback

自民党ブログパーツ

    

ホシノテレビ on Facebook

ホシノテレビ

Facebookページも宣伝

Search

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Entry

Comment

Sponsored Links

Profile

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode